残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは、わかりづらいかもしれないが、借り入れ残高に応じて毎月の返済額がきまっているものをいいます。

 
借り入れ金額が多いほど通常は月々の返済額が高く設定されていることが多いですが、契約をした会社によっては返済額が自由に設定できたり、返済額自体を毎月変更もでき、資金に余裕ができたときに臨時返済を受付できるところもいまは多いです。

テクスチャー13
一般的な返済金額は借り入れ残高10万までは月々1万円の返済、20万までは月々2万円の返済といったケースで返済額がスライドしています。これは会社によって違いがありますが、高くても月々3万円前後の返済で抑えることができます。

 
借り入れ時に一括払いをしてしまい返済が困ったというときでもリボリング払いに変更さえできればピンチをまぬがれることができます。会社によってはあとからリボルビングへの変更ができないところもあるので、借り入れ時には間違えないよう借りるべきです。

 
なお、ある程度返済にめどがたったなら、日々利息がかかってるものなので悩むことなく一括返済をしてしまったほうがよいと思います。もちろん一括では無理なら臨時返済をおすすめします。
上手な借り入れをし、上手な返済をおすすめします。

コメント

コメントを受け付けておりません。