金利の計算方法

キャッシングを利用するときには、予め利息負担を知っておくと返済計画も立てやすくなります。金利の計算方法は、利息=借入残高×年利率÷365×借入日数ですので、これに当てはめて計算してみましょう。

 
例えば5万円を年利20%で30日後に返済する場合、50000(円)×0.20(%)÷365×30(日)=821となるので、821円が利息となり、50,821円を返済して完済になります。

 
上記の例は一括返済のケースですが、リボ返済にすると返済期間が長くなるためその分の利息負担も大きくなります。リボ返済には主に元利定額、元金定額、スライド式という3つの返済方式があり、どの方式のリボ返済を利用するかによって利息負担額は変わってくるため注意しなくてはなりません。

 
要するに、借入額が大きく、利率が高く、返済期間が長くなるほど利息の負担も伸すものなので、負担を軽減したいのなら返済計画を立ててからキャッシングをすることが大切です。ちなみにキャッシング会社のホームページの返済シミュレーションを活用すれば、わざわざ自分で計算をしなくても簡単に返済期間や利息を含んだ返済総額を出すことテクスチャー16ができるので、そちらを活用してみるといいでしょう。

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。