実質年率方式

キャッシングは実質年率方式で利息と元金が計算されます。

 
この仕組みは貸し付け残高に金利が掛かる仕組みで、消費者金融や信販会社などのキャッシングは実質年率で表示することが法律で定められています。
この実質というのは正味に掛かる金利を指しています。

テクスチャー08
カードローンであれば発行にかかる手数料も発生しますが、これも金利に含まれています。
また、ローンであれば保証料などが発生しますが、この保証料を含めて実質年率としています。
この方式とは別にアドオン方式がありますが、これは利用金額に対して金利を乗じて、支払い回数で割って算出されるシンプルな仕組みになっています。

 
実質年率によるものは、貸し付け残高に掛かる点で複雑ですが、キャッシングの利息を計算する際は貸し付け残高に実質年率を乗じて、365日で割ると1日分の利息が弾き出され、日数分で利息の総額をつかむことができます。

 
キャッシングをはじめ金銭貸借に関しては実質年率によるものがほとんどで、ショッピングなどのローンではアドオン方式を採用するケースもあります。
特に借り入れに対して、どれだけの利息が掛かるのか総額の利用金額、すなわち返済金額を知りたい時は実質年率によるものが正確な数字が出るため、キャッシングではこの方法がとられているのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。