押さえておきたい!キャッシングの返済方法と特徴

テクスチャー07

 

キャッシングとは個人向けに行われている少額の貸付のことを指しますが、このサービスを取り扱っている業者には消費者金融系と銀行系のふたつの系統があります。どちらの業者も個人向けの少額の貸付けを行っており、基本的にはそのサービス内容には大きな違いはありません。

 
ただし、消費者金融系の場合には総量規制の対象となってしまい、利用者の年収の額によって利用可能な額に制限が設けられている点が特徴となっています。それに対して銀行系の場合には総量規制の対象とはならないため、利用者の年収の額によって利用可能な額に制限が設けられることはありません。
借入れたお金の返済方法に関してはどちらの系統であっても違いはなく、各業者ごとに用意されているいくつかの返済方法から選択することになります。

 
いくつかある返済方法のなかでも毎月の返済の負担が少ないものとしてリボルビング払いが良く知られていますが、この返済方法では借入額に関係なく毎月一定の金額を返済していけばいいため、多くの人が利用をしています。しかし、この返済方法の場合、なかなか元金を減らすことができず、返済を終えるまでにかなりの額の利息を支払う結果となってしまうというデメリットがあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。