元金自由返済方式

学生ローンの返済方法の特徴に元金自由返済方式があります。

 
この方式の利点は契約で定められた返済期日に利息分だけを支払うだけでも可能で、元金の返済は余裕のある時に支払っても良いというものです。
通常のローンではリボルビング方式を採用し、利息と元金の組み合わせと約定金額としていますが、学生の場合はバイトの収入も限られ、利息と元金の返済は重い負担となります。

 
また、将来的に就職して元金の返済ができるというメリットもあります。

 
しかし、デメリットは利息分だけで返済が良い分、返済期間が長くなることです。
利息は貸付残高により掛かってきますので、残高が多く残っていることは、それだけ利息も多く支払うことになります。
この方式の活用法としては返済計画を夏冬のアルバイトを通して綿密に練ることです。
アルバイトの収入を計画的に元金の返済に回すことで利息の負担も減ります。
加えて返済期間も短縮できます。

 

返済期間が長期になることは当初はラクにみえても、いつまでも借り入れ残高が残ることで、将来に新たなローンを組む際にも影響します。
まとまった資金ができれば、元金の返済に回すこと、自由返済で融通が利く代わりに計画的に返済を考えることが大切な支払い方法です。

テクスチャー14

コメント

コメントを受け付けておりません。